趣味ログ

趣味中心の生活がしたい30代かつての少年。アニメ・ゲームが好き

【感想】BUTTER!!! (完結済み)

 

ヒップホップダンスをしたくてダンス部に入ったものの、社交ダンス部だった主人公。しかし、社交ダンスの楽しさや、部活の楽しさにハマる物語。

 

評判良かったので買ってみようリストに入れていた漫画。

最初は紙本で買うつもりでしたが、10年前の漫画ともなると、中古品でしか見かけないようになっていました。時代ですかね、電子書籍が普及して、ちょい古い漫画はそっちに流れていってるのかもしれません。

でも、連休の終わりに良い作品に触れておきたいと思い、電子書籍で購入。読んで正解でした。新品紙本でも欲しかったなぁ・・・。

 

 

 

スポーツ漫画ではなく、青春漫画

スポーツ漫画というと、「全国大会目指す!」とか「落ちこぼれが(隠れた才能が)、すごいことする!」みたいな少年漫画的なノリを思い浮かべがちです。そういうのも好きですけどね、スラムダンクとか。これも、社交ダンスというスポーツが題材なので、そんな感じなのかなと思いきや違います。「目標に向かって」みたいなのはありますが、比較的等身大な部活を描く青春劇です。

 

スポーツに名を借りたラブコメでもない

スポーツに名を借りたラブコメ(恋愛もの)も多いと思います。タッチとか、アオのハコとか。そういうのも好きではありますが。

「全国大会目指す!」みたいなものではなかったので、そういうタイプかなと思いきや、それも違います。恋愛要素は0ではないですが、そこはキャラクターの深堀の一環であって、主題ではないのです。

恋愛ものを求めて手に取ると期待はずれなのかもしれませんが、青春ものという枠組みとして捉えると良い作品だと思います。

 

青春群像劇として良作

主人公はいます。主人公中心で物語は進みはします。しかし、上述のとおり主人公が全国大会目指す的なものでもないですし、恋愛要素も少なめです。そして、その恋愛要素は主人公のそれではありません。

主人公を中心としつつ、主人公の周りのキャラクターを描くことで、主人公の青春を描いている作品です。言葉通りの群像劇ではないとは思いますが、ある種の群像劇的な印象を受ける漫画です。

主人公を置き去りにするわけでもなく、周囲も含めた青春劇として、よくまとまった作品だと思います。

 

そして少し懐かしい

まだガラケーの頃の漫画なので劇中でも携帯電話はガラケーです。そこにノスタルジーを感じてしまいます。恋愛云々抜きに異性の子に顔文字付きのメールを送る感じ・・・何もかもが懐かしい。

 

最後の流れが少し惜しい

こういう青春ものに苦悩エピソードはつきものです。ですが、(終盤の)差し込みどころが少し中途半端で、微妙な消化不良感はあります。

 

まとめ

最後にネガティブな面は描きましたが、全体的には良作です。恋愛や努力に特化しすぎない、青春群像劇として面白かったです。